フォークリフトと運転手の仕事内容

フォークリフトは大きな荷物を移動する際や、積み込み作業をおこなう際に利用する特殊自動車です。車体の前面や横面にフォークが付いており、それを使って大きくて重い荷物を運べるため、さまざまな会社の工場や倉庫などで利用されています。例えば、大量の荷物を扱う物流業界をはじめ、機材の運搬が求められる建築業界や解体業者、空港などでも利用されています。

フォークリフトの運転手の主な仕事内容は、フォークリフトを操っての荷物の移動や積み降ろしです。しかし、そのほかにフォークリフトの整備をすることもあります。また、荷物を運びやすくするために細かい荷物を正方形に並べたり、ラップのようなものでぐるぐる巻きにして、一つの大きな荷物にまとめたりする作業をおこなうこともあります。

フォークリフトの仕事のメリットデメリット

フォールリフトの運転手は、女性や体力が低下してくる年齢からでも働けることがメリットです。また、求人は未経験者歓迎が多く都心部だけではなく地方にも多くありますので、求人募集が安定していることもメリットとなります。デメリットは屋外や屋内でも搬入口や搬出口が開放されている倉庫での勤務が多いため、夏は暑く冬は寒いことです。

フォークリフトの運転手になるための必要なスキル

フォークリフトの運転手になるためには、講習を受けて修了証を取得しなければなりません。最大積載荷重が1トン未満のフォークリフトを運転するには、「フォークリフト運転特別教育」を受ける必要があります。また、1トン以上のフォークリフトを運転するために受けるのは「フォークリフト運転技能講習」です。フォークリフトは一般的には倉庫などの所有地での行き来となりますが、もし公道を走る場合には別に特殊自動車免許が必要となります。

フォークリフトが必要とされている場所は多く、工場など様々な場所で活躍しています。そのため資格を取得するとフォークリフトの求人は多く需要があります。