アルバイトとして働くか?正社員として働くか?

工場の仕事は、学歴や経験が無くても採用される確率が高く、比較的就労しやすい職業と言えます。また、雇用形態の違いによって、任される仕事の内容も異なりますが、アルバイトとして気軽に始められるというメリットもあります。そして、工場での勤務時間は2交代制が多く、24時間可動している工場などでは3交代制を取っている工場も存在します。正社員の場合は残業や夜勤を行うこともありますが、アルバイトの場合は勤務時間を選ぶことができますので、日中のフルタイムや夜勤だけの仕事など、自分のペースに合わせた働き方をすることが可能です。なお、勤務地が自宅の近くではない場合は、寮での住み込みで働くとういう方法もありますので、寮の有無などを求人情報をチェックしてみましょう。

多様にある工場での仕事内容

工場で働く際、注意したいのが仕事の内容です。工場の仕事には重労働もあれば手先を使う仕事など、種類がたくさんあり、自分に合った仕事を探す必要があります。なお、未経験の方がすぐに仕事に就けるものとしては、工場のライン作業が挙げられます。これは、ベルトコンベアなどに乗ってくる部品を組み立てたりする流れ作業をこなすもので、扱う部品は工場によって異なります。立ちっぱなしの作業ですが、初心者でも比較的覚えやすい仕事です。他には集中力を要する検品作業や、倉庫内での作業となるピッキング、慣れるまで多少の時間がかかるかもしれませんが、機械の操作などもあります。扱う製品によっては体力が必要なこともあり、手先の器用さを求められる場合もありますので、工場の求人は仕事の内容をよく確認した方が良いでしょう。

イカイアウトソーシングの公式サイトはこちら