薬の専門家として働く

薬剤師は薬剤の専門家として、調剤薬局において医師が処方した処方箋に基づいて正確に調剤して患者に渡すことが仕事です。患者に渡す際には症状の確認や服用の方法の説明も行います。また、その他の職場としては、病院内の院内薬局において処方する仕事もあります。病院内では入院患者が服用するさまざまな薬剤の管理などを行うのです。さらに、これらの薬剤を取り扱う業務だけでなく、製薬会社で新薬の研究に携わるといった仕事もあるでしょう。

薬学部を卒業すること

薬剤師になるためには薬剤師の国家試験に合格する必要があります。この試験はだれでも受験できるものではなく大学の薬学部を卒業することが前提条件となっています。そのため、薬剤師を目指すためには大学の薬学部へ進学する必要があるのです。薬学部は一般的な大学の学部とは異なり医学部同様に六年間のカリキュラムが組まれています。どこの大学にも設置されている学部ではないのであらかじめ確認しておくことが大事でしょう。国立大学と私立大学とでは学費に大きな差があります。

職種で変わる働き方について

薬剤師は比較的女性が多く活躍しています。そのため働き方についてはさまざまなものがあります。調剤薬局やドラッグストアでの勤務であればシフト制で育児との両立も可能です。一方で製薬会社の営業などは時には残業が発生することもあります。つまり、どの分野で活躍するかによって働き方は大きく変わる職業であると言えます。そのため、それぞれの職種の特徴をよく知ることがポイントでしょう。

薬剤師のシニア求人は、働く環境に自由度が高いことです。仕事内容が事務限定や働く時間を選ぶことができるためです。