トラックに必要な免許の確認!

近年、運転免許は普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許に分けられています。それぞれ、乗車定員や車両重量などによってわけられています。トラックにおいては、荷物を積んだ後の車両総重量で必要な免許を確認するのが良いと思います。
普通免許は、3,500kg未満。準中型免許は3,500kg以上7,000kg未満。中型免許は7,500kg以上11,000kg未満。大型免許は11,000kg以上と決まっています。人によっては、免許を取得した時期に応じて、8t限定中型免許や、5t限定中型免許になっている場合もあると思います。それぞれ、表示されている車両総重量まで運転が可能の免許になります。トラックも2tトラック、4tトラック、6tトラックまたは10tトラックなどと様々な種類があります。自分が乗りたい(働くのに必要な)トラックの免許を確認して取得しましょう。

トラックドライバーの仕事!

大小様々なトラックがありますが、大きさによって仕事内容も変わってきます。身近なところで、宅配便の人たちのトラックを思い出しながら考えてください。直接家に荷物を届けてくれる人たちはちょっと小さめのトラックに乗っていますね。近くにある営業所等を拠点に、そこからそれぞれの家などに荷物を運んでいます。大量の荷物を運ぶことも多くなく、狭い道を走ったりもするため、小さめのトラックのほうが便利ですよね。逆に営業所に荷物を持っていくと、大きいトラックがとまっています。一度に大量の荷物を、他の中継点や営業所に運ぶためには大きいトラックがいいですね。
これは例え話ですが皆さんはどっちのトラックが好きですが?

トラックドライバーの求人と聞けば男性メインのイメージがありますが、最近は女性向けの求人も増えています。